小学1~2年生のクラスです

記憶力とファンタジー(想像力)の関係

才能の開花には、「二つの能力」が必要です。

​記憶力 と ファンタジー(想像力)です。

記憶力は文字や公式、知識を覚える力。「計算が早い。何でも知っている。」

テストで点が取りやすいので、

一般的に「頭がいい」と言うと、このことを指す場合が多いですね。。

では、ファンタジーは何を育てるのでしょう?

ファンタジーは羽が生えたり、空を飛んだり、動物が話をしたり、と

​創造力、想像力と呼ばれる

「今ある物のかたちを変える」チカラ(応用力、独自性)です。

文章問題や応用問題、作文、発明、クリエイティブ、

コミュニケーション、より高度で複雑な問題

これらには様々な知識をつなげ、形を変え、

臨機応変に使いこなす応用力が必要です。

「かたち通りに覚えるチカラ(記憶力)」と「かたちを変えるチカラ(応用力)」

この二つがバランスよく育つことが、

本当の頭の良さ、賢さです。

「計算が得意、文字に早くから興味を持つ」子も

「お話しを作ったりや空想遊びお絵描きが好き」な子も

別のものにも楽しさや興味を広げてあげる事で

その子の中でバランスが整うことが

​自己肯定感、自信、才能の開花につながります。

シュタイナー教育☆にじ工房☆では、

この二つのチカラをバランスよく育て、

その子の個性に合わせた才能が花開くようサポートをします。

日時

第1-3火曜日 (祝日等で変更の場合あり)

17:00-18:0(80分) 残席2

​場所

COCON前橋 207 (前橋市千代田町1丁目8-8)

​対象/参加費

​小学1-2年生

体験:1000円

​お月謝等

入会時:15000円(ノート代含む)

お二人目から3000円

​月謝:9000円

算数と国語はすべての学びの「基本」です。

算数/数学で育てているのは、「順番立てて考えられる能力」。

つまり「論理的思考力」です。

計算能力だけでは文章問題は解けません。

応用問題、上級問題の殆どは文章問題ですよね。

ヒントを見つけ、解答までの筋道を推理し、道筋をたどる…

繰り返しながら、子どもたちは「考えるチカラ」を養います。

では、「国語」(母国語)で育てるのは何でしょう?

一般的には国語で考える力を育てていると思いがちですが、実は違います。

話すときにも、書くときにも、

文字、言葉の意味、正しい順番、

を知らなければ、使いこなすことはできません。

自分の気持ちを「正しく」伝えることも、相手の気持ちを聞くことも出来ません。

国語で本当に養っているのは「暗記力・記憶力」なのです。

「考えるチカラ(思考力)」、「暗記・記憶力」

両方をバランスよく伸ばせば、自然と他の教科も伸びていきます。

 

​両方共を伸び伸び豊かに育るため、

シュタイナー教育では、すべての科目で身体で動き、

色で楽しみ、感情感覚と共に学びます。

 

小さなことですが、毎回毎回「自分で考え、選び、動く」

 

体験を育てていきます。

これからの時代は、

​「知っている。計算が出来る。」はA,Iがやってくれる時代です。

 

人にしかできないことは何でしょうか?

一つの答えにたどり着くにも沢山の道筋がありますし、

一つの方向から観るのと、多角的な見方を身につけているのでは、

より正しい答えはどちらが選びやすいと思いますか?

シュタイナー教育は「自分で考え、行動できる」大人を育てます。

すべての芸術、エクササイズ、教科がつながっています。

 

子どもたちの少しずつの成長と変化を「家庭」「学校」とは違う「第三の場所」として長く見守っていく教室です。

小学校6年間、幼児~中学生、兄弟がいれば10年以上のお付き合いも少なくありません。

・毎月の子どもたちの様子を伝える「にじ通信」。

​・心配ごと、不安なことをすぐに相談できる「個別相談」。

 

​にじ工房LINE

「最新情報が届きます」

​各教室や講座のお問い合わせも

こちらからどうぞ。

メールの場合はこちらから!

にじ工房を主宰しています。新井理惠(あらいりえ)です!

シュタイナー教育者 (シュタイナー学校教育養成課程修了)

心理カウンセラー (認定心理士)

アートセラピスト 

ライフオーガナイザー2級

1995年~

主婦の友社「アトリエ太陽の子美術講師養成講座」修了後、

「子どもの絵画・造形教室」7年運営。

2003年~

シュタイナー教育を日本、イギリス、オランダで2年間学ぶ。

シュタイナー学校教員として小学生クラスを担任。

2005年~、群馬県でシュタイナー教育「にじ工房」主宰。

2007年~

公立中学校にて、不登校や悩みをもつ生徒の児童支援に関わる(5年)。

20才を過ぎた教え子たちと今でも交流があります。

大手家庭教師会所属の現役家庭教師。最難関高校・大学受験経験も多数。

​現在の主な活動は、

・県内外の「子供の教室」 幼児クラス、小学生、中学生

・大人へ向けた、シュタイナー教育が学べる講座 (オンライン、オフライン)

・シュタイナー思想と心理学を活かした「ビジネスコンサル」

・こころの「お片づけ」レッスン

・親子の発達・心理相談

・ハンドメイド販売

など、

「大人の幸せが、子供の未来を輝かせる」をモットーに、ラクに楽しく、人生をかじ取りできる方法をお伝えしています。

前橋市在住。

二人の成人した男の子の母。

読書、ヨガ、瞑想​、手仕事

​講座や芸術教室などの出張もお気軽に

「にじ工房LINE」「お問い合わせフォーム」からお問い合わせください。

Please reload

=============

・シュタイナー教育とわたしの思い

シュタイナー教育は、

ドイツの哲学者「ルドルフ・シュタイナー」が提唱した、自分・他者・環境と調和し、

バランスよく生き生きと「そのひとらしさ」を育てる教育方法、哲学です。

「自分の能力を発揮する」「自分らしく生きる」「周囲とも調和する」ことを目指し、

「全人教育」「自由への教育」「愛の教育」とも呼ばれます。

シュタイナー教育の学校は、世界中に1100校以上あります。

日本では幼児教育が有名ですが、

大人の学び、農業、医療、セラピーなど様々な分野にその考えは広がっています。

◇◆◇◆◇◆◇◆

私も、殆どの方と同じに自分の子どもが生まれたことがきっかけで

シュタイナー教育を知りました。

初めてシュタイナー学校の「サマースクール」に長男と参加し、

ぬらし絵、フォルメン、手しごと、オイリュトミーと実際に体験し、

自分自身だけではなく、

子どもが目の前で変わっていく様子に

ただただ驚くばかりでした。

優しくておだやかな長男は引っ込み思案なところもあり

心配をしていたのですが、

サマースクールの3日間で気が付けば、

海外からの先生たちと笑顔で話し、肩の力が抜け、

​静かに「毎日」を楽しんでいたのです。

日常の大切さ。

特別なイベントやレジャーではなく、

ゲームやテレビでストレスを発散する必要もない、

毎日が「自分のために」充実していること。

課題や習いごとに振りをされなくても、

​その子の成長に沿った働きかけをするだけで、

それが結果して、

子どもたちの能力を伸ばしていくのです。

その後、
日本、イギリス、オランダで学び、

二人の子どもは公立学校とシュタイナー教育の両立で育てました。

ひとりでも多くのママや子どもたち、家族が笑顔になり、

日常が光り輝く人生を取り戻せるように。

 

 

子どもの教室から始まったにじ工房も、
現在は、
「大人のオンライン講座」
「ビジネスコンサル」
「大人の生き方レッスン」
と広がっています。

シュタイナーの思想を実践して
全ての人の笑顔と豊かさ、それがひいては社会の未来へつながっていきますように!

 

愛をこめて
​シュタイナー教育☆にじ工房☆ 代表 新井理惠

Copyright © 2018  地域の学校に通いながら「シュタイナー教育」を☆にじ工房☆