=お子さんの悩み=

・子どもの発達・学習などに不安があるが、どこに相談すればよいかわからない。

・シュタイナー教育、にじ工房に関心があるが遠方で通えない

・落ち着きがなく、お友達とトラブルになったり、学校でも注意されることが多い。

・学習にも集中できず、自信を失いそうになっている

・お子さんが「発達障害」「学習障害」と診断された。家庭でどのようなケアができるのか、子どもが楽しく生活できるようなアプローチがあるのか知りたい

・色々な機関や病院に相談したが、うまくいかない

=ご自身の悩み=

・眠れない、寝つきが悪い、寝ても疲れが取れた気がしない

・お勤め先や親族、ご近所付き合いなどの人間関係

・その他​

秘密は厳守します。お気軽にご相談ください。

お申し込み方法

1, 下記ボタンより「申し込みフォーム」へお進みのうえ、必要事項をご記入ください。

2, 面談日時が確定したのち、お支払いリンクをお送りします。事前お支払いをお願いしています。

費用

初回 3千円 (1時間)

​二回目以降 6千円

場所

zoomを使用したオンライン相談です。

「会員限定割引」、「ライブ配信情報」

講座の募集などが一番早く届きます

ご質問・ご相談・体験申し込み、
その他お問い合わせはこちらから
お問い合わせ内容をお選びください:
スクリーンショット_2020-11-02_22.48.16-removebg-p

~りえ先生~

海外でシュタイナーを学び、

日本で子どもを育て、

公立中学勤務の中で不登校支援も経験した

「心理士」、にじ工房代表

日本の教育の良さも生かしながら、子育ても女性の生き方ももっと自由でイイ。学力・個性・コミュニケーション力も大事にする人を応援。

 

その為の「シュタイナー教育の活かし方」を知るオンラインコミュニティを運営

こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。

長男出産後、シュタイナー教育を知り、

イギリス・オランダ・日本で教員養成講座を受講しました。

シュタイナーにも様々な分野がありますが、

・1~8年生の教育(ぬらし絵、フォルメン、手しごと、教科)

・スペシャルニーズ(心身発達の特別支援)教育

・アートセラピー(子ども~おとな)

を専門としています。

​イギリス研修中は、中学生になっていた長男も一時、

一緒に短期留学し、帰国後は下の息子と二人、

日本の公立学校に通わせながら、

シュタイナー教育との両立で子どもをそだてました。

シュタイナー教育を知ったころは、

「私が通いたかった」

「子どもはシュタイナー学校に通わせたい」

「日本に無ければ海外に行くしかないかな…」

「家族がバラバラになっても?」

「転居や転職、ハードルが高い…」

​と、たくさんの迷いがありました。

​でもその中で達した結論は、

私は自分の生まれた国に、もっとみんなが生きやすい

良い国になって欲しい。

そのためには「未来に生きる子どもたち」に

少しでも幸せな教育が受けられる機会を与えたい

今辛い思いをしている子が日本にいるなら

手を差し伸べたい。

自分の子どもにも、生まれた国を好きでいて欲しい。

そのような思いから、

帰国後、群馬で教室を開きました。

幸い、たくさんの子達とご縁がつながり、

個性を生かした道を歩んでいる姿が、わたしの喜びです。

と同時に、多くの不登校、発達に困難を感じている子達とも

一人一人と丁寧に関りを持たせていただいてます。

日本の学校で大変な思いをしている子たちがいる、

悩んでいる保護者がいる。

その中でシュタイナー教育を活かしながら、

地域で伸び伸び子育てができる、子どもが学べるよう、

"リアルで地に足ついた"本物のシュタイナー教育を、

ギュッと凝縮してお伝えてしています。

感性や柔軟性に裏打ちされた

日本でも通用する、「ゆるぎない学力」を育てることを得意としています。

====主な経歴====

1995年~

主婦の友社「アトリエ太陽の子美術講師養成講座」修了後、

「子どもの絵画・造形教室」7年運営。

2003年~

シュタイナー教育を日本、イギリス、オランダで2年間学ぶ。

シュタイナー学校教員として小学生クラスを担任。

2005年~、群馬県でシュタイナー教育「にじ工房」主宰。

2007年~

公立中学校にて、不登校や悩みをもつ生徒の児童支援に関わる(5年)。

20才を過ぎた教え子たちと今でも交流があります。

大手家庭教師会所属の現役家庭教師。最難関高校・大学受験経験も多数。

前橋市在住。

二人の成人した男の子の母。

読書、ヨガ、瞑想​、手しごとが好き。ぼ~っと空を見上げていられる「粘液質」

「にじ工房」のnoteでブログを書いてます。

Copyright © 2018  ☆にじ工房☆