◎次回11月15日 日曜 

13:30-14:30(満席)   /   15:00-16:00(体験可)

シュタイナーの考えと方法に沿っています。

☆はじめてクレヨンを持った時、「絵が苦手」と感じる赤ちゃんや

幼児はいません。おどろきや楽しみ、喜びと共にあった「お絵描き」。

その気持ちを大切に育て、可能性の「扉」を開いておくことがこの時期の大事なことです。

☆幼児期に一番育てたいのは「意欲と好奇心」

この高さが将来の学力、人生の満足度に大きく影響を与えるといわれます。

​☆お母さんの癒しの場としても

静かな歌や手あそび、子どもの静かに絵筆を動かす様子に「癒される」「ホッとする」というお声も

日時

毎月第三日曜日 (変更の場合あり)

13:30-14:30(満席) 15:00-16:00

​場所

​木のおもちゃ"かばんねこ"

(群馬県 桐生市 相生町3-149-6)

​対象/参加費

​3歳~小学校入学までのお子さんと保護者

体験:3000円

​お月謝については体験時にご説明します。

3才位になると「絵筆」が握れるようになります。

「待つ」ことは悪いことではありません。

発達から見る早い時期に始めることの弊害は…

・早くに細い筆や鉛筆を持つのは、「変な癖が付いたり」「手の自然な発達を妨げ」、逆に不器用にしてしまう恐れがあります。​​(身体の発達)

・おもちゃと、絵の具、画材などを特別な時に使う「お道具」の違いも、理解できるのは3歳過ぎからです。​(心の発達)

▽参加者の声▽

・家では大騒ぎで遊んでいる子が、「しん」と静まり集中している様子を見て、自分の子にこんな姿があるのかと驚きました。

​・先生の声かけであんなに小さな子たちがお水の入ったビンをそ~っと両手であんな風に持てるのか!と感動します。

 

​にじ工房公式LINE

最新情報が届きます

​読者限定zoom「にじCH」配信中

​各教室や講座のお問い合わせも

こちらからどうぞ。

メールはこちらから
2019-02-12 15.47.20.jpg

にじ工房 新井理惠です

・シュタイナー教育者 

 (シュタイナー学校教育養成課程修了)

・認定心理士

・アートセラピスト 

・ライフオーガナイザー2級

・ヨガインストラクター

・ハンドメイドクラフター

~明るい方へ~

 

「あたま(脳と思考)・カラダ(肉体と内部)・こころ(気持ちと精神)」の三つのバランスが整ったとき、人は一番良い状態、良いところが発揮できます。

発達や環境、クセや思い込みなどからバランスを阻害する部分は、いつでも調整することが出来ます。

人は皆、「未来へ向けて」生きています。過去がどうであれ、

現在発達に不自由があっても、「未来への視点」があれば改善は誰でもできます。

・すべての子どもたちには健やかな発達と伸びやかな才能発掘の機会を

​・すべての大人たちには「自分らしく生きる」自己肯定感を

 

====

1995年~

主婦の友社「アトリエ太陽の子美術講師養成講座」修了後、

「子どもの絵画・造形教室」7年運営。

2003年~

シュタイナー教育を日本、イギリス、オランダで2年間学ぶ。

シュタイナー学校教員として小学生クラスを担任。

2005年~、群馬県でシュタイナー教育「にじ工房」主宰。

2007年~

公立中学校にて、不登校や悩みをもつ生徒の児童支援に関わる(5年)。

20才を過ぎた教え子たちと今でも交流があります。

大手家庭教師会所属の現役家庭教師。最難関高校・大学受験経験も多数。

​現在の主な活動は、

・リアルな場での「子供の教室」(幼児クラス、小学生、中学生)

・大人へ向けた、シュタイナー教育が学べる講座 (オンライン、オフライン)

・シュタイナー思想と心理学を活かした「ビジネスコンサル」

・こころの「お片づけ」レッスン

・親子の発達・心理相談

・ハンドメイド販売

前橋市在住。

二人の成人した男の子の母。

読書、ヨガ、瞑想​、手仕事

「にじ工房」のnoteでブログを書いてます。

=============

・シュタイナー教育とわたしの思い

シュタイナー教育は、

ドイツの哲学者「ルドルフ・シュタイナー」が提唱した、自分・他者・環境と調和し、

バランスよく生き生きと「そのひとらしさ」を育てる教育方法、哲学です。

「自分の能力を発揮する」「自分らしく生きる」「周囲とも調和する」ことを目指し、

「全人教育」「自由への教育」「愛の教育」とも呼ばれます。

シュタイナー教育の学校は、世界中に1100校以上あります。

日本では幼児教育が有名ですが、

大人の学び、農業、医療、セラピーなど様々な分野にその考えは広がっています。

◇◆◇◆◇◆◇◆

私も、殆どの方と同じに自分の子どもが生まれたことがきっかけで

シュタイナー教育を知りました。

初めてシュタイナー学校の「サマースクール」に長男と参加し、

ぬらし絵、フォルメン、手しごと、オイリュトミーと実際に体験し、

自分自身だけではなく、

子どもが目の前で変わっていく様子に

ただただ驚くばかりでした。

優しくておだやかな長男は引っ込み思案なところもあり

心配をしていたのですが、

サマースクールの3日間で気が付けば、

海外からの先生たちと笑顔で話し、肩の力が抜け、

​静かに「毎日」を楽しんでいたのです。

日常の大切さ。

毎日が「自分のために」充実していること。

その後、
日本、イギリス、オランダで学び、

二人の子どもは公立学校とシュタイナー教育の両立で育てました。

ひとりでも多くのママや子どもたち、家族が笑顔になり、

日常が光り輝く人生を取り戻せるように。

 

 

子どもの教室から始まったにじ工房も、
現在は、
「大人のオンライン講座」
「ビジネスコンサル」
「大人の生き方レッスン」
と広がっています。

シュタイナーの思想を実践して
全ての人の笑顔と豊かさ、それがひいては社会の未来へつながっていきますように!

 

愛をこめて
​発達/心理/シュタイナー☆にじ工房☆ 代表 新井理惠

Copyright © 2018  フィランソロピー(人間愛)ライフ☆にじ工房☆